ハイタッチはグーとグーで

ハイタッチはグーとグーで
いつのころからか手汗に苦しむようになりましたが、周りには隠して生きてきました。
社会人になって仕事を始めてからも、ハンカチを片手にパソコンを打つ作業。
みんなと同じマウスパッドを使っているのに、私のだけがブヨブヨです。
しかも、マウスの塗装が剥げてきましたが、なんとか隠し通しています。
そんな中、職場に中途採用の男性が入って来ました。
気さくな感じで周囲を笑顔にしてくれる方でしたので、私も好感を抱いていました。
ある日、会社帰りの飲み会で、彼は自分の手汗がひどいことを告白し、みんなに自虐ネタを話していました。
例えば、「昔、手汗で携帯を破壊したことがある」とか、
「みんなで買い物したら、ビニール袋開ける係担当」とか、
「普通のティッシュをさわれば、たちまちウェットティッシュに早変わり!」などと言ってみんなを笑わせていました。
私もその話を聞いていたのですが、みんなと同じように笑っていました。
というのも、全部自分にも分かりすぎるくらいのネタだったからです。
そして今まで手汗のことを必死に隠して生きて来たのに、と思うと肩の力が抜けました。
彼が話の締めくくりに、「オレ、ハイタッチは基本グーでするから」と言いました。
そして周りで笑っていたみんなに「イエ〜イ!」と言いながら、ハイタッチをグーでして回ったのです。
みんなパーで受けながら、笑っていました。
彼は最後に私のところにもきました。
私はグーで返しました。すると、彼は一瞬驚いた顔をしましたが、すぐに事情が分かったようです。
外国人がよくするような感じで、グーとグーで何度も拳を合わせました。
周りにいた人は、私が最後だからグーで締めたと思い、盛り上がっていました。
しかし密かに、彼と私で手汗同盟を組んだのでした。
なんとか手汗を解消できたらいいのですが、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です