月別アーカイブ: 2016年3月

最近の脱毛と男性のムダ毛処理

脱毛は、経験している友達も多く、当たり前になりつつあります。

その一方で、安全性や料金形態など私たちにとってわかりにくいことが多いと思います。

例えば、医療系で行う脱毛と脱毛専門サロンで行う脱毛の違いは?

機械はどう違うのか安全なのか?とか、月定額制ってどういうこと?

結局、一定期間をおかないと脱毛できないんだったら同じなのでは?とか・・・

疑問は増す一方ですが、女性としては、ムダ毛がなくなることで

日々の手入れが楽になる、きれいな肌でいられるなどメリットも多いですよね。

今後は、脱毛だけでなくエステのような肌ケアも含まれるようになるのかなと思ってます。

個人的な意見として、仕事で忙しい女性も多いので、

少し欲張りですが、エステで、ヘアカットや、ネイルや脱毛、まつ毛パーマなんかもできればいいのにって思います。

そして、いまでは男性も脱毛することがあるとか。主人もひげが濃い方なので、

かなり興味を持っていますが、やはり男性にはサロンを訪ねるのはやはり勇気がいるようです。

女性と同じように、毎日の髭剃りが少し楽になると男性もうれしいと思います。

ただ、男性が、ひげ以外のムダ毛を脱毛するのは、私は少し抵抗があります。

確かにつるつるお肌の男性もいいかもしれないのですが、

できれば、ワイルドでいてほしいと思うは私だけでしょうか。

八戸で脱毛に関する情報をお探しの方へ
八戸で脱毛するならここ

デリケートゾーンの脱毛は意外と痛くなかったです

二年くらい前から、始めるようになったことといえばデリケートゾーンの脱毛です。

ハイジニーナのお手入れをする人は最近かなり増えつつ有るのですが、最近の脱毛エステでは安値でVIOラインを手入れできたり、全身脱毛のプランの中にもしっかりとデリケートゾーンの施術も完全に含まれていたりします。

何と無く気恥ずかしいイメージがあったせいで行う勇気があまり出なかったデリケートゾーンのお手入れですが、いざ施術を受けてみると、ペーパーショーツを着用したままの状態で脱毛をすることが出来たり、光の照射による眩しさから目をガードするためにエステティシャンがゴーグルを用意してくれたので視線のやり場を気にせずに済んだり、完全な個室でとても淡々と手入れを進めてもらえたので、特に緊張したり恥ずかしい思いをすることもなくて良かったです。

デリケートゾーンの脱毛は軽く膝を倒して横を向いたり、少しうつ伏せでおしりを突き出し気味な体勢を取ったりはしますが、特に大きく足を開いたりすることも皆無で、しんどい姿勢や恥ずかしい体勢を長時間強いられることも無くて安心しました。

VIOの中なら、Iラインのお手入れがやや熱さを感じて一番痛いかなと思いました。

皮膚が敏感な箇所なので、少しくすぐったさや静電気を受けるような刺激を感じましたが、それほど強烈な痛みはなくて良かったです。

ハイジニーナをお手入れしておくと、生理中も蒸れずに安心して過ごせたり、デリケートゾーンのニオイを気にすることも減ります。

VIOラインは自己処理が非常に難しく、剛毛な自分は剃るといつもチクチク感に悩んだり痒みに苛まれてしまうので、思い切って脱毛して大正解でした。